「ぎゃらりぃ陶遊」のおいしい器

店主のプロフィール
新着情報
季節の花
ブログ陶遊日記
LINK

土鍋レシピ
うちの普段ご飯
季節の料理
テーブルセッティング

遠赤外線土鍋
定番商品
1点もののご紹介
暮らし
漆の器(工事中)
ギフト・引出物

陶遊メールアドレス

毎月のお料理のストックです。
みなさまの日々の生活のお役立てください。
和風トマトスープ
今頃になるとトマトも箱入りで店頭に出てきます。トマトはリコピンも多く、美しい赤は色彩的にも食欲を高めます。毎日取りたい食品ですね。
今回はトマトの煮物をご紹介します。
よく冷やして召し上がってください。
大きさは中くらいが最適です。4人分がお鍋の中に納まるくらいですと、ことこと煮た時に動かないくて煮あがりがきれいです。
レシピ

(4人分) トマト中くらいの大きさ4個をへたを取り熱湯に入れて皮を剥いておく。
だし汁3カップに、薄口醤油大匙3を入れ、みりん3分の1カップ、(少し濃い目のおつゆ)の中にトマトを入れトマトの芯まで火が通るまでサッと煮る。甘いのが好きでない方はみりんを少なめにして下さい。器に盛る前になべの中にレモン半分の汁を絞り入れる。盛ってからシブレット(無ければ小口に切った葱)を飾る。(かつおの削り節をかけてもいいですよ)

★ 長く煮すぎない事、トマトが大き目の時は上に隠し包丁を入れておくと早く火が入ります。くれぐれも煮すぎない事、お汁が濁ってしまいます。

里芋の柚子味噌あんかけ
今の季節、里芋や柚子が美味しいですよね。

少し手は掛かるかも知れませんが、とても品が良く美味しいです。お客様の時も喜ばれますので是非作って見て下さい。
レシピ
【材料】 
里芋 5個
柚子 1個
白味噌 大匙3
みりん 大匙1
砂糖  大匙2
酢   大匙1
だし汁 1カップ

【作り方】
@ カップ1のだし汁を作り、薄い塩味をつけておく。         
A 里芋はきれいに洗い、皮ごと茹でて外側半分位に火が入ったら皮を剥き、一口ぐらいの大きさに切り、だし汁の中で、竹串がすーと通る位まで煮て置いて下さい。 
【柚子味噌の作り方】
@柚子はピーラーで皮を剥き、飾り用に千切りしたものを残し、その外は細かく切ってすりこ木でよく摺っておく。
A皮を剥いた柚子は横2つに切り、中の種を出し絞る
B分量の白味噌、味醂、砂糖、酢を入れとろりとするまで混ぜる。

里芋の汁を切って、柚子味噌をかけて出来上がり。
そばサラダ
段々暑くなってきますね。
 今回はおそばと、わかめ、かいわれ、しらすなどの具材をにんにく、レモンの味でたっぷりといただくサラダ風のそば料理です。

大皿にたっぷり盛り付けても、銘々に盛り付けてもいいでしょう。パーテーの時は取り皿をつけてお出しするととても喜ばれます。


レシピ
【材料】 4人分
そば   2把
わかめ  たくさん
貝割れ  2パック
しらす干 1パック
紫蘇   10枚
プチトマト

【ドレッシング】 
にんにく  1〜2粒 すりおろす
レモン   1個(絞る)
サラダオイル 100cc
醤油    50cc
塩 胡椒  適宜

【作り方】
わかめは水で戻し、さっと熱湯をかけ2〜3pに切っ て置く  
貝割れは根の部分を切り
紫蘇はたて2つに切り千切り
プチトマトは2つに切る
しらすはそのまま、硬い時は熱湯を掛けて柔らかく。

具材の用意が出来たら、そばを茹で始める。
そばはサラダに使う時は4人前で2把
1人盛りの時は多い目にして下さい。

ドレッシングは召し上がる直前にかけて下さい。

★ にんにくが弱い方はサラダオイルをごま油に変えると美味しいです。



桃の冷製カッペリーニ
美味しい桃が出回りましたね。この季節だけの楽しみです。是非なさってみて下さい。
以前娘がワインやさんの経営するレストランでいただいたメニューですが美味しかったので家で再現してみまし
た。ワインは絶対ロゼですね。デザート感覚でいただける冷たい前菜です。
ブログで紹介したメニューのレシピです。

レシピ
【材料】 4人分(前菜としての分量ですがお食事として召し上がる時は2人分です)

桃 2個
カッペリーニ 200グラム(2分茹で)

【ソースを作る】
フルーツトマト 4個
トマトピューレ 大匙2
レモン 4分の1
ミント 適宜
塩こしょう 適宜
砂糖少々
ワインビネガー 少々
エクストラバージンオイル 大匙2

【作り方】
@フルーツトマトの皮を湯むきしてプロセッサーで荒め に仕上がるように数秒かける。
A @にピューレ、レモン、ワインビネガーを入れ、  オリーブオイルを加え、塩こしょう砂糖(フルーツトマトの甘さによって調整)で味を整える。冷蔵庫で冷や しておく。
Bパスタを茹でる直前に桃を一口大に切る
Cカッペリーニを茹でこ氷水で冷やしておく。
DパスタにAのソースをかけ軽く塩こしょうをして桃 ミントで飾る。

★全ての材用を整えてからパスタを茹でてください。
 パスタもやや硬めに茹でた方が美味しいです。




中華風ピクルス
暑い盛りは何かと食欲が落ちますね。
そんな時にピッタリの野菜のピクルスです。
味付けは中華風で普通のピクルスとはちょっと違いますよ。

レシピ
【材料】 
大根 10cm
キュウリ 3本
セロリ 2本
人参 細め3本

【漬け汁】
酢 125cc
醤油 25〜30cc
紹興酒 50cc
砂糖 30g
塩 5〜8g
ごま油 45cc
花椒(中華風山椒)適宜

【作り方】

大根、人参は皮を剥き、長さ5p、太さ1p〜1,5p位の拍子木切リ、セロリは筋を取り、キュウリは少し皮を剥き同じような大きさにする。上記漬け汁の中で暫くなじませる。此の儘でサラダとして召し上がって下さい。

冷蔵庫の中で2〜3日なじませて、ピクルスとしていただいても美味しいですよ。花椒を使うと香りと辛さが引き立ちます、無い場合は胡椒でも大丈夫です。私の場合はたっぷり入れてパンチをきかせます。
又、清湯スープ(中華風スープの素)を入れてみましたらコクが出てとても美味しかったです。その場合は塩を少なめに。

人参のサラダ
美味しい春野菜が沢山出回っていますね。
この季節、新人参を沢山召し上がってください。
甘みがあってシャキシャキとした食感がとても美味しいですよ

レシピ
【材料】4人分
人参  2本
卵   2個
ツナ缶 小1缶
玉ねぎ 4分の1 新玉ねぎの場合2分の1
白ワインビネガー 小匙2
オリーブオイル 小匙2
マヨネーズ 大匙3
塩こしょう 少々

【作り方】
(1)人参は細い線切りに、玉ねぎは薄きりにしワイン ビネガー小匙2、オリーブオイル、小匙2塩こしょう少々をかけ回し、電子レンジに1〜2分かけて置く。
(2)卵は固ゆでしてフォークの背で荒くつぶす。
(3)ツナ缶は油を捨てる
 (1、2、3) をマヨネーズ大匙3で合え塩こしょうで味付けをする。好みで粒マスタードを入れても美味しいですよ。



卵と菜の花の春巻き
この和風春巻は雛祭りには必ず作る献立です。
子供にも、お年寄りにも好評です。色目も早春らしくてとてもきれいです。

レシピ
【材料】4人分

春巻きの皮 10枚
豚肉ロース 10枚
卵     5個
かに又は海老 (かに風味蒲鉾でも可)
菜の花   一把

【作り方】

卵に砂糖大匙2杯と塩小匙半分を入れ柔らかな炒り卵を作っておく(ぽろぽろにならないように)
菜の花は塩茹でして醤油少々をかけ絞っておく
豚肉は二つに切っておく
海老は塩茹でしておく

春巻きの皮は角を手前におき、豚肉2枚を縦に手前に置きその上に炒り卵、蟹又は海老、真ん中に菜の花、卵の半分量は菜の花の上に置くようにして、お寿司を巻くように巻いて両端を巻き込み最後の三角の位置に小麦粉を水溶きをつけて巻き終わりを下にしておく。

油を熱して中火でカラリと揚げる(火の入っていないものは豚肉だけなので豚肉に火が入れば出来上がり)

切り口が美しいのできれいに切って盛り付けて下さい。



ポテトとベーコンのキッシュ
我が家のきキッシュは生クリームたっぷりのこくのあるキッシュです。生クリームを少なくしたり牛乳に替えたり色々試してみましたが、家族はこれが一番美味しいと言います。ダイエットとは逆になりますがたまには良いかなぁと思います。
焼き上がるのを家族がみんな待っています。熱々よりも少し落ち着いた頃が食べごろです。
この位こくがあると冷蔵庫で冷やして次の日にいただくのは油が回ってお奨めできません。

うつわは笠間のロイ、マーティン作手付き平鉢

ほうれん草とベーコンのキッシュ
ほうれん草のキッシュも作りましたので写真を入れました。作り方としては、ポテトをほうれん草と入れ替え、スモークサーモンの角切りをのせてあります。彩りがとてもきれいなので試してみてください

うつわは笠間のロイ、マーティン作手付き平鉢

レシピ

【材料】6〜8人分

冷凍のパイシート1枚〜2枚
ジャガイモ 4〜5個
ベーコン 150g
卵 4個
生クリーム 180g(1箱)
チーズ(グリュニエール150gナチュラルチーズ50g)
    無ければピザ用ミックス
玉葱 1個
塩 胡椒 ナツメグ

【作り方】

@市販のパイシートを使います。
 パイシートを冷凍庫から出し常温に戻し、耐熱皿にのせ表面にフォークで穴をあけ240度のオーブンで軽く焼け目が付く位に焼いておく。
Aベーコンは塊で150g位を6mmぐらいの角切りにする。
B玉葱は2つ切りにし繊維に添って薄切りにする。
Cフライパンにベーコンを入れ玉葱も炒めておく。
Dジャガイモは皮をつけたまま2つ切りにし電子レンジで10分〜13分かけ皮を剥き平たく切っておく。
Eボールに卵、チーズ、生クリーム、塩、胡椒、ナツメグを入れかき混ぜ、Cのベーコン、玉葱も一緒に混ぜ塩胡椒をする。(この際チーズ、ベーコンから塩分が出るので控えめに)
F焼けたパイシートの上に薄切りにしたジャガイモを平たく並べEを流し込む。
G予熱したオーブンの中段に入れ30〜40分焼く.串を挿してみてクリームが付いてこなければ出来上がり。表面に少し焦げ目がある方が香ばしくて美味しいです。

今回はベーコンとジャガイモですが、ベーコンとほうれん草、きのこ、サーモンなど組み合わせても美味しいですよ。色々試してみて我が家の味を見つけて下さい。
少し手が掛かりますが一品持ち寄りパーティ等にも最適です。先日息子が自分で作って持って行き好評でした。
 


鶏のオレンジ煮
鶏のオレンジ煮は我が家の大好きなおかずの一つです。
オレンジの爽やかな苦味が鶏の臭みを消してとても美味しいです。苦味の嫌いな方はオレンジジャムを使ってもいいですよ。

器は、美濃(土岐市)浜田純理 粉引き7寸しのぎ皿

レシピ
【材料】4人分

鶏もも肉 3枚
オレンジ 2〜3個
オレンジジュース 250CC  
月桂樹 2枚
白ワイン 100CC 
塩 胡椒

【作り方】 

鶏もも肉は1枚を3〜4枚ぐらいのそぎぎり、オレンジはピーラーで皮をむいて細い千切りにしておく。
皮をむいたオレンジは電子レンジで2分間、柔らかくして汁を絞る。絞った汁にオレンジジュースを足して400CCになるようにする。
鶏もも肉は1枚を4つくらいにそぎぎりにして3枚用意し塩胡椒をして小麦粉をつけフライパンで色が付かないように両面を焼く。
鍋に鶏のもも肉を入れ上からオレンジピールを振り入れ2段目も同じようにして月桂樹の葉2枚白ワイン100CCを入れ、オレンジジュース400ccを全部入れ煮立ったら弱火にして30分位煮込む。

★ポイント
オレンジピールの分量は好みで入れてください。我が家は大人ばかりなのでたっぷりと入れますが小さいお子様がいらしゃる方は初めてのときは少なめにして試してみて下さい。鶏はオレンジの作用で臭みが消え柔らかく風味が増します。

アドボー
このレシピはフィリピン人のお客様に教えて頂いたものです。酢を使った料理で食欲の無い夏にお薦めです。
醤油をニョクナム,ナンプラーに変えればもっと
エスニック感が出るでしょう。
我が家ではお皿にご飯を盛って、ニンジン、ブロッコリーなど彩りのきれいな野菜のボイルしたものを添えて頂いています。

器は信楽の鈴木正彦、粉引き9寸皿

レシピ
【材料】4人分

鶏もも肉 2枚
酢    50CC
醤油   50CC
水    200CC(1カップ)
にんにく 2かけ
月桂樹の葉 2枚
黒胡椒

【作り方】 

鶏もも肉は1枚を6枚ぐらいのそぎぎり、にんにくは
薄切りにしておく。
フライパンに鶏もも肉を並べ黒胡椒(粒胡椒をたっぷり)、にんにく、月桂樹、をのせ、酢50CCと1カップの
水を入れ強火で酢をとばす。
醤油50CCを入れ弱火で20〜30分煮込む。
最後に水分が半分以下になるまで煮詰める。

★ポイント
ご飯の上に1人分大匙2はい位のたれがかけられる分量
が残るのがベストです。


簡単うなぎ寿司
うなぎの白焼きをたくさん頂いた事があって、蒲焼以外で何か美味しく頂けないものかと思いついた料理です。
白焼きはロースターでこんがり焼いてわさび醤油で頂くととても美味しいので、しば漬けと一緒に使ってみました。美しいピンク色、しば漬けの食感、うなぎを使っていてもさっぱりとして相性抜群、簡単すぎるのが難かな?と云う程簡単です。

器は信楽の古谷信男、粉引きたわみ9寸皿

レシピ
【材料】4人分

硬めに炊いたご飯3合
しば漬 1袋(汁ごと使う)
うなぎの白焼 2尾
白胡麻 適宜
紫蘇の葉 10枚
わさび 醤油

【作り方】

しば漬け1袋は汁を別にして細かく刻んでおく
紫蘇は細い線切り  
うなぎの白焼きはロースターでこんがり焼き1口の大きさに切っておく。
温かいご飯に刻んだしば漬と汁を入れ切るようにして混ぜ冷ましておく。
冷めたご飯に白胡麻、紫蘇の葉をかけ切ったうなぎをのせたら出来上がり。うなぎの代わりにマグロのずけをのせ刻み海苔をのせても良いですね。

マグロ、アボガド、トマトの前菜
これから蒸し暑い日が続きますが少々食欲が無くても
目も満足、栄養も満点、
きっと喜ばれる事うけあいです。
マグロの下ごしらえさえしておけば
すぐいただけます。
マグロはスーパーの1さく600円ぐらいで充分、むしろ脂ののったものよりも赤身のほうが美味しいかも。
これはお客様料理にも最適です。
日ごろ自宅でいただいている物を自信を持ってお出しするようにするとあわてず、安心です。

器は、信楽 古谷信男 粉引き9寸たわみ皿 

レシピ
【材料】4人分
 マグロ さくで1つ アボカド 1個
 トマト 大1個 フレンチドレッシング 
 黒胡椒 レモン 醤油 わさび 

 
【作り方】
@マグロはさくで買い、ジプロックの中にフレンチドレッシングをかけて入れ、冷蔵庫の中で1時間以上浸しておく。

A マグロを冷蔵庫から出し周りのドレッシングをかるくふき取り、黒胡椒を両面が黒くなる程付けて、フライパンにオイルをひき、やや強火で両面をこんがりと 焼く。(この時中はレアーで)再び冷蔵庫で冷やしておく。

B アボカドは縦2つに切り皮をとり2センチ角に切り
色が変わらないようにレモン汁をかけておく。
トマトも2センチ角に切る。
Aのマグロも2センチ角に切っておく。

C AとBをさっくり混ぜ皿に盛り付ける

★ 色があまりきれいではないのでテーブルに出してからわさび醤油ドレッシングをかけて下さい。


かつおのたたきサラダ

目に青葉、山ほととぎす、初鰹
この時期のかつおはまだ脂があまリのっていなくてやや淡白ですが、江戸っ子ならずともやはり初物は食べたいですよね、香味野菜いっぱいのサラダのご紹介です。

器は、信楽 嶋田浩造 焼〆8寸皿 

レシピ
【材料】4人分

かつをのタタキ 1さく(背でも腹でも可)
香味野菜 新玉葱1個
     万能ねぎ4分の1把 生姜1かけ
     茗荷3個 紫蘇の葉10枚
ポン酢、醤油 適宜

【作り方】
かつをはさくで買い、身に串を打ち遠火の強火で表面を焼く。
氷水を用意しておいて素早く冷やし冷蔵庫で冷やしておく。
市販のかつをのタタキでも良いですが自分で焼いた物は本当に美味しいですから是非挑戦してみて下さい。

新玉葱は縦2つに切り輪切りにして水にさらす。
万能葱は小口ぎり、茗荷は斜めに薄切り、紫蘇の葉は
2つに切り千切り、生姜はすりおろす。

水切りした新玉葱を器の下の部分に敷きその上にうすぎりしたかつををのせ生姜の絞り汁をかけ、残りの香味野菜をのせ、ポン酢醤油をたっぷりかけて召し上がって
下さい。

さくらご飯

桜の蕾が膨らみ始めると、なんとなく気持ちが浮き立ちます。毎年この季節になると我が家の食卓に上る一品。桜の香りがほのかに香るきれいなご飯で、これを食べるとなんだか幸せな気分になります。

器は、益子 阿久津忠男 桜文9寸皿

レシピ
【材料】4人分
米3カップ 桜の花(塩漬け)12個 桜の葉(塩漬け) 3〜4枚 分量の水 食紅

【作り方】
分量の水の中に桜の花を入れ、塩出しをし、花だけを取り出す。(花は後で飾りに使う)

桜の葉は中央の芯を取り、2つに切って細い千切りにする。

洗った米と桜の花を取り出した水を合わせ、千切りにした桜の葉をいれ、食紅をほんの少し入れて、淡いピンクにして炊く。
*食紅は入れすぎないように、爪楊枝の先に水を付けて、ほんの少しずつ入れてください。くれぐれも濃くしないように。

最後に桜の花を散らして出来上がり。

普通の白米で簡単に作れる、おいしくてきれいなご飯です。

鮭の和風マリネ


洋風のマリネはよく作りますが、柚子の美味しい季節に一度作ってみて下さい。さっぱりとして、お正月のお料理としても最適です。

レ シ ピ
【材料】4人分
生鮭の切り身4切れ、にんじん3分の1 玉葱1個 柚子1個

【作り方】
生鮭は1切れを3〜4枚にそぎ切りし、塩、こしょうをして
油でカラッと揚げておく。
人参はせん切り、玉葱はうす切り、柚子は皮をピーラーでむき、
細かいせん切りにして、半分は漬け汁に半分は飾り用にする。中身は横半分にして汁を絞っておく。

【漬け汁】
淡口醤油大さじ4、酢大さじ4、砂糖大さじ4
だし汁120cc、塩少々、柚子の絞り汁、千切りにした柚子の皮
材料を漬け汁の中にいれ、1時間以上漬け込む。

豆腐の明太子グラタン


食が進まない時におすすめなのがこのメニュー。明太子のピリリとした辛さと口当たりの良いお豆腐の組み合わせは彩りも美しく食欲をそそります。お客様にご紹介し大好評を頂いたひと品です。

レ シ ピ
材料
絹豆腐 2丁、からし明太子対で1つ、マヨネーズ 明太子と同量、酒 大さじ1、薄口しょうゆ 大さじ1、万能ねぎ・きざみのり適宜

作り方
絹豆腐をよく水切りし、7等分に切っておく。
明太子は皮目に切れ目を入れ絞り出し、同量のマヨネーズ、酒、薄口しょうゆを加えてよく混ぜておく。(A)
オーブン皿に豆腐を平たく並べてAを隙間なく塗り、オーブンに入れて表面に軽く色が付くまで焼く。
取り出したら万能ねぎ、きざみのりを載せる。

COPYRIGHT(C) 2004-2011 ぎゃらりぃ陶遊 ALL RIGHTS RESERVED.